『ひにひに』TOP画/森和美
  • 2013年07月

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • さよならタマちゃん最終回とお知らせ

    category:武田一義情報

回り込み解除

 本日は武田一義『さよならタマちゃん』第25話・最終回掲載の講談社イブニング15号発売日です。
 タマちゃんは『累-かさね-』と『プロチチ』の間に載っています。最終話大増ページで32ページあります。
 昨年7月10日発売のイブニングから連載開始され、ちょうど一年となります。短い連載でしたが、この一年、(最初から・途中から問わず)お読み下さった方々、編集さん、他お世話になった皆さまにお礼申し上げます。最終話もどうぞ宜しくお願いいたします。

イブニング№15
*当ブログのすべての画像の無断転載はご遠慮下さい*


 また、作者である夫・武田一義の公式ブログも本日開設いたします。武田より、『さよならタマちゃん』を応援して下さった皆さまへのお礼とお詫びがございます。こちらも読んで頂ければうれしいです。

『武田一義 公式』 http://144takeda.blog.fc2.com/ ●


 武田自身もブログで書いておりますが、連載開始から今日まで、現在進行形なのだと思ってお読み下さりご心配下さった方もいらっしゃったと思います。当ブログで私にコメントを下さる方の中にも、そう思って応援・励ましのお言葉をかけて下さる方々がおられました。その都度、私も、ありがたい幸せな想いと共に申し訳ない気持ちでいっぱいになっていて、正直、少しプレッシャーのようなものも感じて来ました。
 プレッシャー、というのは、妥当な言葉ではないかも知れません。重荷ということではなかったので、ご心配なさらないで下さいね。じょうずに言い表すことが出来なくてすみません。
 武田の連載が決まった時に、私は当ブログから過去の記事のほとんどを削除しました。それまでも、ごく一部の友人知人がたまに見てくれればいいや、むしろ誰にも読まれていなくてもいいや、自分のメモみたいなものだから、と気軽に地味に綴っていたブログです。大したことは書いて来ませんでしたが、連載が決まる前-武田の病気が発覚した頃のこと-武田が病気になる前のこと-も、時々書いていました。
 過去の記事を消しても、連載が始まってからは自分のことも書きとめるのはやめました。私がどこかに出かけただとか、何か映画や音楽や本を楽しんだだとかを綴れば、そこから武田の現状が予想出来たり、作者の実生活に関わる部分が透けて見えたりして、『さよならタマちゃん』という漫画を純粋に楽しんで頂くことが出来なくなるかも知れません。武田の妻としてだけでなく、いち漫画ファンとしても、素人の身内が作者の生活や作品の舞台裏・裏話をネットで知らしめてしまうことは避けたかったのです(それに、エッセイコミックでデビューした以上、武田の生活は武田の商売道具とも言えますしね!)。
 『さよならタマちゃん』は武田一義の人生のごく一時期に起こった出来事で、武田のものですが、読んで下さった方のものでもあります(と、言えるような、大切なものになってくれますように…)。物語の終わりを迎えるまで、自由に解釈して想像して楽しんで頂けたら…と思いました。
 長くなるばかりでうまく言えませんが、私がブログやネットで何かしら発言することで、そういった「自由に漫画を読む」楽しみを奪ったり邪魔することがあってはいけない、と考え、武田の体調・現状に関することは何もお答え出来なかったことをお赦し下さい。
 特に、武田と同様に闘病中でいらっしゃる方々・ご家族が闘病中の方々からコメント、メッセージ、お手紙を頂戴するたび、「武田は元気になりましたよ、生きていますよ」とお伝えして、傲慢かも知れませんが励みにして頂くことは適わないのが、心苦しかったです。
 闘病の最中にある方が「同じ・似た経験を持つ人と話をしたい」というお気持ちが痛いほど分かるだけに。
 ですが、私は武田の妻ではありますが武田自身ではなく、武田の考えや感情をたぶん他の誰かよりは近く想像することが出来るかも知れませんが、まったく齟齬をきたさず理解したり伝えられるとは思いません。現在武田のいちばん近くで暮らし生きる私が、武田と武田の漫画について、誰かをミスリードしてしまう可能性もあり、お返事出来ることが限られました(これは、今後もだとは思いますが)。
 頂戴したご感想やご声援を「武田に伝えます」-私に出来ること、していいことは、それだけだったと今も思います。
 ご心配下さったみなさま、本当にごめんなさい。ですが、応援して頂けているということが、武田にも私にも支えとなった一年でした。ありがとうございました。
 『さよならタマちゃん』自体が読んで下さった方々へのお返事になっていれば…と願います。

 まずは、8月に『さよならタマちゃん』のコミックスが出ます。あまり間をおかずに次のお仕事情報もお届け出来るよう、武田も私も頑張ります。これからもよろしくお願いいたします。

 今後は、またたまーに、私自身の見たり読んだりした好きなものについて自分用メモ的に書こうかな?と思っています*^^*

森 和美


★ 担当編集さんによるさよならタマちゃん公式ツイッターはこちら
★ タマちゃん第1話無料配信ページがふたつほど↓
 ・イブニングスペシャルサイト 
 ・モーニング、アフタヌーン、イブニング合同Webコミックサイト『モアイ』
スポンサーサイト
  • ひさしぶりにイラスト

    category:イラスト

回り込み解除

 とても久しぶりに宣伝以外の記事です。
 ブログのTOP絵?タイトル画?…正式名称分かりませんが、要するにいちばん上の画像を自分で描いたイラストに変えてみました。
 といっても、PCでご覧いただかないと表示されていないのですが(いずれスマホ・携帯用テンプレートもいじれたらいじってみます。すみません)。
 イブニング№13に掲載されました漫画『おうちにかえろう』の茉央(まお)です。
 最近知ったチェコアニメ『アマールカ』の主人公・アマールカの真似をして花かんむり。たぶんアマールカの花かんむりは勿忘草っぽいんですが、勿忘草は春の花なので。何となく夏の花風(調べていません)の花かんむりを描きました。
 そういえば子供のころはしろつめくさで花かんむりとか首飾りとか作ったけど、もう作り方をさっぱり思い出せません。花を摘むこともなくなりましたしね。

 アマールカ

本棚

 日本に紹介されたのは2011年なのかな? 可愛くてでも可愛すぎず綺麗すぎず、可笑しくてどこか冷めてて毒もあるチェコアニメです。
 …ブライスに似てる。

 スマホと携帯からご覧の方がもし居て下さったら…ということで、TOPに設置した絵をこちらでも↓

『ひにひに』TOP画
*当ブログのすべての画像の無断転載はご遠慮下さい*


 シャーペンでラフを描き TOP絵のラフ またシャーペンで線画を描き TOP絵線画

 ペイントツールSAIで着色し、フォトショップで主線の色を変えたりサイズを変更したりWEB用保存をしたりしました。じっさいはもっと大きいサイズの絵です。なんとなく描いてからリサイズしました。
 SAIは最近購入したのですが、楽しいです。

 「お父さんを見上げてるシチュエーション」のつもりがちょっとたくらみ系になっちゃいました。たぶんなにか悪戯をたくらんでるんだということにします。

 またたまに絵や読んで良かった本とか見て良かった映画の話でも書こうかなと思います。おやすみなさい。

プロフィール

森 和美

Author:森 和美
かけだし漫画家。
2013年6月講談社イブニング掲載の『おうちにかえろう』でデビュー。
イブニング2014年№18より2015年№12まで『エシカルンテ』連載。
別PN=港崎 和(妻) 実写映画『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開)内で似顔絵執筆。

*ご連絡はメールフォームよりどうぞ(お仕事のご依頼以外には原則直接のお返事は差し上げられていませんが、すべてありがたく読ませて頂いております)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 ≪│2013/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最新記事&コメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード

リンク

Live Moon

いつでも里親募集中

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。