『ひにひに』TOP画/森和美
  • 2015年08月

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 小休止から

    category:日記

回り込み解除

 関東は今週暑さも小休止です。
のら つい数日前の暑さ和らいだ朝、隣家の物置の上で猫も気持ち良さそうに熟睡していました。しばらく覗き見しててもまったく気づかずお休みなので、つい写メったら逃げちゃった。邪魔してごめんよ。
 野良かな~? 我が家の近所は猫が多い。
 ずいぶんひさしぶりにエアコンを消して眠れて体もほっとひといきつけています。昨夜からの雨の音も心地好く、家の近くの線路を走る電車の音も心なしかゆったりしたものに聞こえます。
 エシカルンテの連載が終わってからいい加減たっぷりだらだら過ごしてしまったので、そろそろ次のことを考えてエンジンをかけようと思っています。ようやく仕事部屋も掃除し、机の上に白い紙を広げました。始めたい物語がいくつか生まれています。

好きな本たち 本棚の整理をしていて久しぶりに手に取ったお気に入りの本たち。
『子供たちの時間』橋口 譲二・著/小学館
『おべんとうの時間 1.2』阿部 了・写真 阿部 直美・文/木楽舎
 『子供たちの時間』は沖縄から北海道まで全国各地の小学六年生を彼らの暮らす土地で撮影しインタビューした本で、『おべんとうの時間』は著者ご夫婦が様々な職業の一般の方々のお弁当とお弁当にまつわるエピソードを写真と文章で紹介されている本です。色んな人の生活と人生が垣間見られてほっこりしたり切なくなったり。どれも、時々開いては呼吸が楽になる本なのです。
 あ!『おべんとうの時間3』が出てた!
スポンサーサイト
  • 備忘録

    category:日記

回り込み解除

 すっかり夏バテして過ごしたこの夏でしたが、これまで行ったことのない土地への小旅行は果たせた夏でした。
 昨年は私が初連載で多忙を極め、ほとんど自宅兼職場で季節が過ぎてゆきました。ずっと気が張っていたお陰か、夏バテをしなかったかしていても気づく間もなく過ごしていた昨夏ですが、今年は違います。しっかり夏バテも意識し、季節の移り変わりも認識し、バテたバテたと言いながらも外出を楽しむ機会も設けられています。

 8月初旬は宮城県に一泊二日の旅行をして来ました。
 私も夫も宮城県にはこれまで行ったことがありませんでした。実は、あちこち旅行する余裕が出来たのはここ数年のことで、私たちはいい年頃の中年夫婦としては行ったことのない土地がたいへん多いのです。
 宮城に何をしに行ったかというと、夫の叔父が宮城県石巻市で震災復興事業に就いたというので、夫婦ともに仕事が一区切りついている(漫画家家業の場合、連載がない期間というのは無職というわけではありますが)この機会にと、叔父さんに会いに出掛けたのです。

 レンタカーを借り、愛犬をペットホテルに預け、常磐自動車道で東北へと。
 常磐道は東京~仙台を太平洋沿岸に沿うルートです。私たちは常磐道をドライブするのも初めてでした。
 今回の旅の目的のひとつとして、まだ見たことのない被災地の現状を見てみたい、という思いもあったとはいえ、常磐道にしかないという線量表示板(リアルタイムの放射線量を表示する電光表示板)や、二輪車通行不可の区間があったこと(バイクは車のように空間を密閉出来ないため)、あちこちに置かれた黒い袋の山(放射能汚染土を入れた除染袋)や、大熊・双葉・浪江町の帰還困難区域を通った時に目にした景色には想像以上に胸に迫るものを覚えました。
 常磐道の両脇に急に開けた原野のような農村地帯。ところどころに点在する農家の家屋もビニールハウスの骨格も農機具も、生い茂る雑草に飲み込まれかけ、電柱には蔦が絡まっていて、農道を通る車はありません。本来は手入れされた田畑が広がっていたのだというのは、周囲の山や森よりは背丈の低い雑草や家屋の様子から分かるのですが、人の気配がなく荒れた土地が広がっていました。
 私は父方母方どちらも祖父母の代まで農家で、今でも営農する親戚もいて、北海道の農村を見ながら育ちました。とはいえ、自分自身はとてもずぼらで庭の手入れをするのも好きではありません。そんな私でも、本来耕され季節ごとの作物の彩りを迎えるはずの農地が放置されて雑草に覆われ年数を経ている姿がどこまでも続いている、という風景には、衝撃を覚えたのです。
 「農村」というのは当たり前ながら「手付かずの自然」ではありません。いくら緑が多くても、それは「自生した植物」ではなくて「人が植えた農作物」で、人が手をかけている人里なのです。手入れされた農地には人の営みがあります。その「手をかけて作付けする」ことが出来ない農地が広がっているというのは、うまく言えないのですが、胸をしめつけられる光景でした。
 齢90になってもまだ庭で野菜や花を育てるのを生きがいにしている祖母や、農家で生まれ育った両親が見たら、私なんかよりよほど衝撃を受けるのだろうな、とか、ここに住んでいた人たちにとってはどれほどか…とだけ、ようやく考えながら通過して来ました。

スケッチ

 福島の絵も描こうとしてさらっとは描けないなと思って、印象的だった宮城の森を。宮城県の景色がとても心地好かった。

  • 暑中お見舞い申し上げます

    category:イラスト

回り込み解除

 暑い日が続きます。今年はまた特に酷暑ですね。私はすっかり夏バテ中です。

 せめて(?)暑中お見舞いイラストをアップ。

暑中お見舞い絵・千鶴


 エシカルンテ単行本2巻の宣伝に公式Twitterに上げて貰ったカットの流用なのですが。
 もうすぐ立秋とはいえ、立秋過ぎてもまだまだ暑そうです。そろそろ暦と現実の季節が一致しなくなってますね

 今年は戦後70年ということで、あちらこちらで先の戦争についての番組や本や映画を目にします。私も改めて色々なことを考えたり感じたり。満州で陸軍にいたという母方の祖父のことや、戦前戦中北海道に入植した先祖らがいったいどんな体験を生き延びて私に繋がったのかな、とか。自分の家族だけでなく友達の祖父母の話なども色々聞きますし、今現在の日本人の多くは「戦争を生き延びた人たちの子孫」なのだなあと考えると、感慨も深くなります。
 何が良くて何が悪かったとか、断罪する言葉を私は持ちませんが、ただ、色々なことを知りたいな、色んな人の思いを見聞きしてみたいな、とは思うのです。

 武田一義が漫画を寄稿した 戦後70周年記念ムック 漫画で読む「戦争という時代」 の発売ももうすぐです。ぜひ読んでやって下さい。
 そういえば、このごろ、お仕事情報Twitterも始めた方が良いのかな~とちょっと思うようになりました。武田も私もここ数年ネット活動やSNSをするのが億劫やら苦手やらになっていて、特にTwitterは考えて来なかったのです(これまではイブニングの担当編集さんが公式Twitterもマメにやって下さって助かってたし)。二人ともその辺はマメじゃないのではっきり言えませんが、たぶん、その内に、たぶん。

 

プロフィール

森 和美

Author:森 和美
かけだし漫画家。
2013年6月講談社イブニング掲載の『おうちにかえろう』でデビュー。
イブニング2014年№18より2015年№12まで『エシカルンテ』連載。
別PN=港崎 和(妻) 実写映画『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開)内で似顔絵執筆。

*ご連絡はメールフォームよりどうぞ(お仕事のご依頼以外には原則直接のお返事は差し上げられていませんが、すべてありがたく読ませて頂いております)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 ≪│2015/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最新記事&コメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード

リンク

Live Moon

いつでも里親募集中

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。