『ひにひに』TOP画/森和美

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

 夫・武田一義のメディア情報です。
 明日発売の産経新聞『病と生きる』にて、『さよならタマちゃん』についてインタビューを受けております(ありがとうございました!)。
 宜しければ読んでみて下さい。

 また、武田も自身のブログで触れておりますが、ダ・ヴィンチ11月号では『今月のプラチナ本』として『タマちゃん』を取り上げていただきました。ありがとうございます!!

 こちらも武田のブログもなかなか更新が出来ていませんが、夫婦ともども新作に取り組んでいます。毎日机に向かっていたら、あっという間に10月も末で…び、びっくり…
 ひと様への連絡も滞りがちです。ごめんなさい。とにもかくにも頑張ります
 寒くなって来ました。お身体にお気をつけて


武田一義本人のブログ→武田一義公式
担当編集さんによるさよならタマちゃん公式ツイッターはこちら
タマちゃん第1話無料配信ページがふたつほど↓
 ・イブニングスペシャルサイト 
 ・モーニング、アフタヌーン、イブニング合同Webコミックサイト『モアイ』


  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

初めまして。mixiでたまたま、さよならタマちゃんの記事を読んで、作品の存在、ご主人のブログ。奥さんのブログまでたどり着きました。


私の主人も、同じようにタマが無くなった一人です。
忘れもしない、2011年…子供が先天性の病気持ちで生まれて生後三ヶ月で手術をしてやっと落ち着いたと思ったら…
今度は旦那の病気。
その年の旦那の36歳の誕生日は最初の一言はお祝いの言葉ではなく、私からの、それ、癌かもよ。でした…苦笑

幸い、うちも現在は経過観察で過ごしてますが、5年は気が抜けないなーと思っているトコロです。

一話の無料視聴も見させてもらいました。

最後のほう、ちょっと涙目になっちゃいました・・・苦笑

ご主人は今は元気に過ごされてるとの事。
よかったです。

奥様も、長期の入院の間のサポート等、大変だったと思います。
お疲れ様でした。

これからもお互いの主人が長生きしてくれることを祈ります…。

同じような体験をした人が居るんだ。って思ったところから、つい書き込みをしましたが、
取り留めない、乱文、長文失礼しました。

通りすがりの者さまへ

初めまして。コメントありがとうございます。
mixiニュースか何かに取り上げていただけたのでしょうか。嬉しいです。

ご主人も武田と似たような年齢での発症でらしたのですね。
ほんとうに働き盛りに多い病気なのだなと感じます。
現在は経過観察中とのこと、ひとまずほっとしました。お互い、これからもしっかり経過観察してゆきましょう!
お子さんのご病気があった分、私たちより大変だっただろうな…奥さまの不安も大きかったろうな…と思います。
同時に、ご主人が独りで闘病でなくて良かった、せめて通りすがりの者さんと出会ってらして良かった、とも思うのです。
私が、武田の発症・闘病時に思ったことが「独りで立ち向かわせていなくて良かった。このタイミングでまだ良かったに違いないんだ」と考えたからなんです。
うまく言えなくて、もし、「良かった」なんてお気に触ったらごめんなさい。

>これからもお互いの主人が長生きしてくれることを祈ります…。

ありがとうございます!
ご主人・お子さんだけでなく、妻であり母である通りすがりの者さんも、どうぞお体には充分お気をつけくださいねe-420

プロフィール

森 和美

Author:森 和美
かけだし漫画家。
2013年6月講談社イブニング掲載の『おうちにかえろう』でデビュー。
イブニング2014年№18より2015年№12まで『エシカルンテ』連載。
別PN=港崎 和(妻) 実写映画『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開)内で似顔絵執筆。

*ご連絡はメールフォームよりどうぞ(お仕事のご依頼以外には原則直接のお返事は差し上げられていませんが、すべてありがたく読ませて頂いております)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最新記事&コメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード

リンク

Live Moon

いつでも里親募集中

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。