『ひにひに』TOP画/森和美

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 故郷

    category:日記

回り込み解除

 シルバーウィークを挟んで、生まれ故郷と実家のある北海道へと単身帰って来ました。今回はお仕事の取材。
 滞在中の道央はこの時期の北海道としては日中の気温も高めで、取材ついでに涼むつもりだったアテは外れた一週間でした。でも湿度の低さと空気がやっぱり肌に合って楽だった~。

 母、叔母、祖母らに色々聞き取りさせて貰ったり、酪農業に従事する従兄弟に農場を見せて貰えたり(従兄弟の勤務先農場はとても機械化されていてびっくり。そして至近距離で見たり触ったりする牛が可愛いのなんの!)。大雪山の主峰旭岳にロープウェイで登って来たり。収穫の多い旅。

 観光地として知られる生まれ故郷では近所や通学路を久しぶりに歩いたのですが、私が子供のころとまったく変わらない家屋・景色がけっこう残っていて、一瞬でランドセルを背負った小学生の気分に戻ってしまいました…。

祖母の家庭菜園 90歳になる祖母の家庭菜園。トマトの濃厚な味にも子供の頃を思い出しました。

ポプラ 遊び場・散歩コースにしていた河川敷にたぶん40年以上前からある木。比較対象が写っていないので分かり難いですが、だいぶ巨木です。

美瑛 美瑛町の丘。美瑛の丘を突っ切る国道はシルバーウィーク中で混雑していたのですが、美瑛出身の父が裏道を車で抜けて連れて行ってくれました。丘と大雪山連峰が一望出来る丘の上。
gousei.jpg ←残念ながら広角レンズのカメラを持っていかなかったのでつぎはぎ(…の技術も適当…)。秋の収穫も進んだ土の色。この季節の農道はふいに激しくきつい匂いがするのですが、収穫された後腐った玉葱の匂いだそう。

旭岳 シルバーウィーク最終日に登った旭岳。大雪山系は雲がかかっていることも多いのですが、この日は雲ひとつない快晴で、山の上も汗ばむ陽気でした。

3.jpg

4.jpg

2.jpg

 この日は小さい子供(私の子ではありません)も連れていたし軽装だったので登山とはいきませんでした。いやしかしこれはリベンジしなければ。
 やっぱり北海道取材は一週間ではちょっと足りない。エシカルンテ執筆中も、自分の記憶を辿り辿りがもどかしかったものです。

 …さてまた自宅で机に向かう日々。

プロフィール

森 和美

Author:森 和美
かけだし漫画家。
2013年6月講談社イブニング掲載の『おうちにかえろう』でデビュー。
イブニング2014年№18より2015年№12まで『エシカルンテ』連載。
別PN=港崎 和(妻) 実写映画『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開)内で似顔絵執筆。

*ご連絡はメールフォームよりどうぞ(お仕事のご依頼以外には原則直接のお返事は差し上げられていませんが、すべてありがたく読ませて頂いております)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最新記事&コメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード

リンク

Live Moon

いつでも里親募集中

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。