『ひにひに』TOP画/森和美
  • イラスト

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

 ブログのTOP画を7月に描いてからずっと変更していませんでした。いい加減秋っぽい絵に変えよう…と思ううち12月も中旬です…。
 ということで、ようやく冬仕様の絵を描きおろしました。こちら↓

『ひにひに』森和美201312
*当ブログのすべての画像の無断転載はご遠慮下さい*


 雪を被ったナナカマドと女の子。配色がクリスマス仕様です(後付け)。
 PCとスマホではこの絵が表示されているのですが、携帯ではTOP(背景?)には表示されませんので記事中にもUPです。

 まだまだ詳しく書けませんが、来年はまた色々お知らせが出来るかと思います。がんばります。

 風邪にはお気をつけて!
  • ひさしぶりにイラスト

    category:イラスト

回り込み解除

 とても久しぶりに宣伝以外の記事です。
 ブログのTOP絵?タイトル画?…正式名称分かりませんが、要するにいちばん上の画像を自分で描いたイラストに変えてみました。
 といっても、PCでご覧いただかないと表示されていないのですが(いずれスマホ・携帯用テンプレートもいじれたらいじってみます。すみません)。
 イブニング№13に掲載されました漫画『おうちにかえろう』の茉央(まお)です。
 最近知ったチェコアニメ『アマールカ』の主人公・アマールカの真似をして花かんむり。たぶんアマールカの花かんむりは勿忘草っぽいんですが、勿忘草は春の花なので。何となく夏の花風(調べていません)の花かんむりを描きました。
 そういえば子供のころはしろつめくさで花かんむりとか首飾りとか作ったけど、もう作り方をさっぱり思い出せません。花を摘むこともなくなりましたしね。

 アマールカ

本棚

 日本に紹介されたのは2011年なのかな? 可愛くてでも可愛すぎず綺麗すぎず、可笑しくてどこか冷めてて毒もあるチェコアニメです。
 …ブライスに似てる。

 スマホと携帯からご覧の方がもし居て下さったら…ということで、TOPに設置した絵をこちらでも↓

『ひにひに』TOP画
*当ブログのすべての画像の無断転載はご遠慮下さい*


 シャーペンでラフを描き TOP絵のラフ またシャーペンで線画を描き TOP絵線画

 ペイントツールSAIで着色し、フォトショップで主線の色を変えたりサイズを変更したりWEB用保存をしたりしました。じっさいはもっと大きいサイズの絵です。なんとなく描いてからリサイズしました。
 SAIは最近購入したのですが、楽しいです。

 「お父さんを見上げてるシチュエーション」のつもりがちょっとたくらみ系になっちゃいました。たぶんなにか悪戯をたくらんでるんだということにします。

 またたまに絵や読んで良かった本とか見て良かった映画の話でも書こうかなと思います。おやすみなさい。

回り込み解除

 長年仲良くして貰っているお友達の真朱(まそほ)ちゃんが、「久し振りに絵を描きました」と、写メを送ってくれました。
 あまりにも嬉しかったので、ご本人の承諾を得てUPしてしまいます(*´ω`*)

真朱さん画・未央
画・真朱


 昨年、講談社『イブニング』さんで新人漫画賞の優秀賞を受賞した拙作『おうちにかえろう』より、未央。
 かわえええ~~~ (*´ェ`*)

 思えば、真朱ちゃんとは10年以上のお付き合いです。何かと不器用で人づき合いも上手ではない私と、ゆっくりじっくり仲良くしてくれています。お互いに、絵や漫画を描いていた時期にも描かなかった時期にも、心地好い距離感で連絡を取り合って来ました。
 ありがとう真朱ちゃん! これからもよろしく!! また良いお知らせが出来るようにがんばる…(・`ω・`●)

回り込み解除

 実写映画『GANTZ』公開から一週間です。映画もヒットしているようで、原作漫画ももちろん絶好調なのですが、ありがたいことに、“港崎 和”“港崎 GANTZ”といった検索ワードでの当ブログへのアクセスもちらほらと増えていまして・・・(ふだんあんまりアクセス解析見ないので、さいきん気付きました・・・)。
 「多恵ちゃんの漫画を描いているのは誰?」という質問もところどころで耳にいたします。“港崎 和”で検索していただいても、ヒットする当人のブログがココ(なんか主婦の地味なブログ・・・)というのが申し訳ない限りでどきどきした次第。
 改めまして、港崎 和(みよさき なごみ)の片割れです。港崎 和というのは夫婦での共同ペンネームで、当ブログは妻のほう(私)の森和美がひとりで細々とやっています。
 映画GANTZ劇中では、私はヒロイン小島 多恵(吉高 由里子さん)がスケッチブックに描いた玄野 計(二宮 和也さん)の似顔絵を描かせていただきました。漫画原稿は夫が描かせていただいています。
 で、港崎 和にご興味持って下さった方(ありがとうございます!)は、漫画原稿のほうにご興味持って下さったのだと思うんです。
 夫のほうは、残念ながら現在自身のブログやサイトを運営していない(ネット活動をまったくしていない)ので、今日はココでダンナのイラストを数点UPしちゃいます。

 ブログなのでちょっと小さくてごめんなさい↓

n_m_01

* ええ・・・そうなんです。港崎 和も森和美も、担当編集さんはついているものの、まだまだプロ漫画家デビュー出来ていないのです。初めてのお仕事が映画GANTZです。
 港崎 和(夫)は現在原作漫画GANTZのアシスタントとして、奥 浩哉先生の指示のもと、背景を作ったり人物に影を入れたりしています。
 奥先生のツイッタ―にも私たちについてご質問下さる方がいらしたみたいで、ありがとうございます&すいません・・・。

n_m05

n_m04

n_m03

n_m02


 港崎 和(夫)のコメントも↓


自分のサイトがないので相方のブログを借りて、イラストを数点あげさせて貰います。

映画の中では1瞬のシーンなのに、気にしてくれる人がとても多くて、驚くやら嬉しいやらです。

ありがとうございます。



 夫婦共々、今年は自分の漫画作品でお仕事が頂けるようにがんばりますm(_ _)m

プロフィール

森 和美

Author:森 和美
かけだし漫画家。
2013年6月講談社イブニング掲載の『おうちにかえろう』でデビュー。
イブニング2014年№18より2015年№12まで『エシカルンテ』連載。
別PN=港崎 和(妻) 実写映画『GANTZ PERFECT ANSWER』(2011年公開)内で似顔絵執筆。

*ご連絡はメールフォームよりどうぞ(お仕事のご依頼以外には原則直接のお返事は差し上げられていませんが、すべてありがたく読ませて頂いております)。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新記事&コメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード

リンク

Live Moon

いつでも里親募集中

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。